大型スーパーでのコロナウイルス除菌作業

皆様こんにちは(*^-^*)ライフケアコーポレーションの藤本です(^^♪

残暑が続いていますが皆様はどのように過ごしているでしょうか?
僕は毎年恒例の夏バテが今年はなく、快適に過ごしています。

さて、話は本題に入りますが、今回は新型コロナウイルスが発生してしまった札幌市某大型スーパーの除菌作業についてお話したいと思います。

消毒する店員イメージ

「品だしやレジ打ちを担当していた従業員が感染してしまったので、従業員やお客様の安心のため除菌してもらいたい」
とお問い合わせいただきました。

普段ライフケアコーポレーションでは、次亜塩素酸ナトリウムを用いて(厚生労働省推奨0.05%)床などを除菌させていただいているのですが、今回はあまり次亜塩素酸ナトリウムの臭いを店内にとどめておきたくないという理由から、アルコールを使用しての除菌になりました。

アルコールを使用しての除菌作業に関しては、すべて拭き上げ作業になります。

理由としては、 75%以上の濃度のアルコールをコンプレッサーなどで噴霧してしまうと、発火の原因になってしまう可能性があるためです 

  • コンプレッサー…圧縮した空気を連続的に送り出す機械。様々な用途がありますが、ここでは噴霧器に接続して使います。

棚の中など基本的に人の手には触れないであろう箇所も徹底して拭き上げつつ、営業再開の時間もあるために時間は厳守しなければいけなかったので、焦らず急いで丁寧に行いました。

作業時間としては、2時間程度で完了することができました。

僕自身も何度か利用させてもらったことのある店舗様だったので、除菌のお手伝いができて本当によかったなと思いました。