苫小牧ペット糞尿の消臭・特殊清掃(1)

皆様こんにちは(^-^)ライフケアコーポレーションの波多野です!!

皆様はペットを飼われていますか?飼われている方はペットにとって良い環境を作られていますか?
犬や猫その他の動物も人間と同じく、ごはんを食べますし、糞尿もします。
ただし、圧倒的な違いもいくつかあります。そのいくつかの違いの中でも今回は糞尿について触れていきたいと思います。
(この話は今回の作業事例にも関わってきますので、ご興味のある方、お時間のある方は是非最後までお読みいただければと思います!!)

糞尿と一言で言っても何が違うのかは、正直「…??」という方もいるかと思います。
例えば、糞尿に付着している「菌」の違いでいうと、ペットの糞尿には病原性のある「サルモネラ菌」や「パスツレラ菌」などが付着していることがあります。さらにペットの糞尿に付着しているのは「菌」だけでなく、「原虫」(※1)等その他にもまだまだあります!!

※1 感染症を引き起こす特定の微生物に対する呼び名。詳細はWikipediaの記事原虫を参照。原虫と呼ばれる生物には、「トキソプラズマ症」の原因となる「トキソプラズマ」などがある。
では、その菌などはどうやって人間に感染するのかです。
それは、ペットが糞尿をした後何らかが原因で糞の除去が難しくなり、それが乾燥し、チリやほこりと一緒に人間が吸い込んでしまうことから感染します。
ペットは自らで糞の清掃・処理はまず行えませんよね。
本来は飼い主がやらなくてはいけませんが、それが難しい状況…
今回は、実際に猫の糞尿による一軒家の特殊清掃を行わせていただきました。
(写真も添付しつつ報告していきます)

まず、1階リビング部分にて、猫の糞が堆積されていて、その周りには多数のハエ、そしてストレスで引き裂いたものなのかボロボロになったソファーがありました。
ソファーを持ち上げようとするも重みで持ち上がらず、傾けてみると中からは大量の糞が出てきました。乾燥している糞からは、やはりチリやホコリが舞います。
家財の搬出をしながら糞の除去も進めていき、6人で手分けしつつ何とか午前中に1階部分家財の搬出を終わらせ、午後から業者に回収に来ていただきました。

スタッフブログ_20190913_001

作業前
スタッフブログ_20190913_002

作業後

2階部分の作業報告は次回にさせて頂きたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)