特殊清掃・遺品整理・消臭・除菌
ライフケアコーポレーション

おしらせ・ブログ

遺品整理

不法投棄には罰則があります!

皆様こんにちは(^-^)ライフケアコーポレーション波多野です!!

5月中旬のお話になりますが札幌市にて4人中3人が新型コロナウイルスに感染したというニュースがありました。
最初は両親がPCR検査で陽性となり、弟と女性の2人で両親の看病をしていたが、数日後弟も感染していたことが判明したそうです。
家庭内感染が実際に起きていることはニュース等を観ると得られる情報ではありますが、感染経路の30%が家庭内感染だということの発表があるまでは知りませんでしたし、そうなると対策の取り方も難しいものだと改めて思いますが、やはり出来る限りで最善を尽くし対策を取るということ、自分は大丈夫という過信をせずに初心を忘れず対策を取るということが大切です。
(分かり切っていることかもしれませんがどこかで気の緩みが出てしまうものです)

さて、今回は現場報告とは違うお話をさせていただきます。

先日とある国道沿いで不法投棄されているものを見かけました。
パっと見た感じ冷蔵庫や洗濯機が不法投棄されており、それも1台や2台ではなく5.6台はあったのではないでしょうか。
またそこは割と頻繁に通る道で去年一昨年には無かったような気がしました。
(もしかしたら単純に目に止まっていなかったからかもしれませんが…)
不法投棄をしたのが「業者」なのか「一般の方」なのかは分かりませんがあの数を「一般の方」が投棄したのであれば恐らくたった一人が棄てた量だとは思えませんし、もし「業者」が棄てたのであればそれは正直とても残念な業者だろうことがうかがえます。

ちなみに不法投棄をした場合の罰則は「5年以下の懲役又は1000万円以下の罰金」となっています。(法人の場合は3億円以下です)
罰則の事を詳しくは知らなかったという方多いのではないでしょうか。
じゃあ燃やせばいいと思う方ももしかしたらいるかもしれませんがそれも「不法焼却」となる可能性もあるのでお気を付けください。
「キャンプファイヤー」など例外とされるものもありますが勿論常識の範囲内でのお話ですし、悪臭や煙害がでれば別のお話です。
また、プラスチックなどを焼却した場合は処罰の対象になります。

家電は家電量販店に持ち込み、物に見合った金額を支払えば問題なく処理ができます。
これは家電リサイクル法という法律があり「企業」「一般の方」での違いはありません。
知らなかったという方のためになればと思います。
自分の住む地域などがいつか不法投棄で溢れかえり住みにくい汚い地域になるのは皆様嫌でしょうし、それ以前に不法投棄・不法焼却は絶対にやってはいけないことです!!
もし今後なにか廃棄するものがありその処分方法が分からないという方がいましたら一度市役所にお聞きください。
またご自身で処分するのが難しい等という方はお気軽にお問い合わせください。
廃棄方法などご説明させていただき適正に処理させていただきます!!

0120-918-696
受付時間24時間 年中無休
お問い合わせ