家財の不法投棄について

皆様こんにちわ(^^♪ライフケアコーポレーションの藤本です!!

最近は雨が続いていて、じめじめするとなんとも寝つきが悪くなってしまったりします。
この時期はよく雨が降りますが、この雨は梅雨じゃないのと思ってしまいます。
そもそもなぜ北海道には梅雨がないのだろう?と不思議に思い調べてみると…なかなか難しいことが書いてありました…
簡単に言うと、北海道あたりで梅雨前線というものが消えてしまうから、北海道には梅雨がないみたいです。
頭では理解できても、説明するとなるとなかなか難しいですね!

話題は変わりますが、今回は家財整理についてお話できたらなと思います。
家財整理と一言で言っても、不要になってしまったものをきちんとした形で処理をしないといけません。
業者によっては、1立米(立方メートル)辺りの料金が2,800円だったり3,500円とまちまちだったりします。
ちなみに弊社では5,800円+税となっています。
一見すると前者の方が安くてお得だ!と思いがちですが、実はそこには重大な落とし穴があります。

立米数計測例
立米数の計算方法
①=2メートル
②=1メートル
③=1.5メートル

計算式①×②×③
2メートル×1メートル×1.5メートル=3立米(立方メートル)

その重大な落とし穴とはこうです。
札幌市で指定されているごみの収集方法は、札幌市環境事業公社という一般財団法人にごみの収集を依頼して取りに来てもらうというものになります。
しかし、その正規の方法を取らずに自社で回収し不法投棄をしてしまう業者も中にはいるようです。
いわゆる悪徳業者です!
こういった業者は、言葉巧みに依頼者様を騙し、いかにも自分の会社が料金も低価格でお客様に寄り添った事業展開を行っていると見せかけて、裏ではお客様の不要になったものを不法投棄しています。
残念ながら、このような業者がいるのが現実です。

でも、「実際に不法投棄するのは業者で自分には関係ないし、どうせなら少しでも安い方がお得だ」と思ってしまう人も中にはいます。
しかし、自分が不法投棄をしていないからと甘く考えてしまうと、後々自分自身も後悔することになってしまうかもしれません。
法人(会社)が不法投棄をした場合はもちろんのこと、もしも業者が正規の方法で不用品を廃棄しないと知った上で依頼した場合は、依頼者にも罰則や罰金が科される場合があります。
仮に知らなかったとしても警察の事情聴取は受けることになります。
どんな方法でごみを処理してくれるのかをしっかりと確認することは、依頼者様の責任でもあると思います。

現在、不法投棄による環境破壊が問題視されています。
ごみを海に捨てると海が汚れてしまいます。森に捨てると森が汚れてしまいます。
海にも森にも、そこには動物が暮らしていたりします。
動物たちにとって、自分たちの住む場所に勝手にゴミを捨てられるのは迷惑なことでしかないでしょう。
考えてみてください。出かけている間に自宅に得体のしれないゴミが捨てられていたら、どんな気持ちになりますか?

弊社スタッフ一同、誰一人として、不正は行いません。
信頼なくして、遺品整理や家財整理はできないと思っております。
なにか疑問に思うことがあれば、ご依頼に関することでなくても、お気軽にお問合せください!