特殊清掃・遺品整理・消臭・除菌
ライフケアコーポレーション

おしらせ・ブログ

遺品整理

遺品整理を行いました

皆様こんにちは(^-^)ライフケアコーポレーション波多野です!!

今年ももうあと1週間足らずで5月が終わろうとしています。
皆様はこの5月どの様に過ごしましたでしょうか。
5月といえばGWです!!
ただし、去年と今年のGWは一昨年までとは違っています。
一昨年までなら「どこにいこう」「実家に帰省しよう」「なにもせずゆっくりしよう」と連休の使い方は様々でした。
それが去年と今年ではどうでしょうか。
どこに行くにしても「コロナ」何して遊ぶにも「コロナ」この「コロナ」という壁の影響で思うようにGWを満喫出来なかったという方がほとんどだったのではないかと思います。
変異株による感染の拡大や、変異株のクラスターと一体いつになれば落ち着くのだろうか。
暖かくもなりましたので急な気温変化で体調にはお気をつけください。

さて今回は清田区、中央区にて遺品整理にお伺いしました。

一件目は清田区の報告をします。
2LDKという間取りで一人暮らしだったそうで、病院で亡くなられたとのことでした。
家財搬出の前日に遺品整理を行い貴重品や想い出の品々と廃棄するものを分別しております。
家財はそれほど多くはなく午前中に環境事業公社さんが収集に来るので時間を合わせるため3人で搬出作業を行います。
何度でも言います!!札幌市では札幌市環境事業公社さんに回収してもらわなければ一般廃棄物の処理・運搬はできません!!
ご遺品はご親族様にご返却させていただいてお部屋の簡易清掃をし作業終了となります。

2件目は中央区の作業報告です。
こちらの間取りは1DKで男性がお一人でお住まいだったそうです。
お部屋で亡くなられていたところをお知り合いの方が発見したそうです。
発見までが早かったことから体液が染みてしまっていたということはないのですが臭気はあった為消臭作業も行いました。

ここからは僕が個人的に感じたこととなります。
遺品整理を行っていると亡くなられた方が生まれたときの母子手帳が出てきました。
正直なお話をしますとすこし驚いてしまいました。
自分の子の母子手帳を持っていても自分の母子手帳を持っている方ってそんなに多くはないのではないかと思いました。持っているからなんだってことはないと思います。実際持っている方は他にも居ると思います。
ただ僕は、「あたたかい」と感じました。持っていた経緯は分かりませんが少なくとも僕はそう感じました。
今回のように遺品整理をしていると色々な方の生活感が見えてきます。
この仕事をしていると感情移入をしないようにしているということをよく聞きます。
でもそれは何も考えず作業するということではなく、故人の方並びにご親族様、ご依頼者様のことを思い作業させていただいています。

丁寧且つ信用第一をモットーに日々精進していきます!!

0120-918-696
受付時間24時間 年中無休
お問い合わせ