札幌市北区の家財整理

皆様こんにちは(^-^)ライフケアコーポレーションの波多野です!!

今年の冬は雪が少なかったり、急に降り出したり、かと思えば次は気温が高くなったり、そんな忙しい天候の中で、新型コロナウィルスが検出されたりとありますが、皆様は体調などは崩されたりしてませんでしょうか?
こういう時期に流行するのがデマ情報です。
オリーブオイルが良いなどの情報が出ているようですが、化学的根拠はないそうです(-_-;)
(納豆ダイエットなんてのもありましたよね…)

家財整理_001

風邪等を引かないための予防としては、まず基本として手洗いとうがい、消毒の徹底と人の多い場所はなるべく避けるというのが一番だと思います。
皆様も体調を崩さないようお気を付けください!!

さて本題になりますが、先日は札幌市北区にて家財整理にお伺いいたしました。
集合住宅オーナー様からは、写真掲載はNGだけれどもブログは良いとのことでご了承頂きましたので、掲載させていただきます。
(ちなみにお住まいになられていた方は病院で亡くなられたそうで、オーナー様から弊社に家財整理をご依頼いただきました。)

間取りは1DKで家財自体はさほど多いわけではなかったのですが、部屋には食べ物の容器やチラシなど、更に床にはたばこの吸い殻もありました。
(消した後の吸い殻でも火事になるケースがあるときいたことありますし…)
家財は多くなくとも、棚の中からは大切にされてたと思われる装飾品もありました。
(もちろん、しっかりご遺族様にお返しさせていただいております。)
もし火事が起きてしまえば、亡くなられた故人の方が遺して置きたかった想い出のお品物が跡形もなくなってしまうかもしれません。

そして、家財整理後に簡単にではありますが清掃を行い、お引き渡しをさせて頂きました。

ところで、もし棚の中をろくに確認もせず廃棄するような業者だったら?
一度廃棄・転売されたお品物はもう二度と戻ってきません
そうなると亡くなられた故人の方はどう思うでしょうか。
(処分方法や作業方法があやふやな同業他者の方には是非考えていただきたいものですね。)
そこで、以前のブログにも記載していますが「遺された想いと残す思いに真摯に向き合う」ということが第一と私は思っています。
今回はそんな同業他社のお話を聞いた直後の作業でしたので、このようなブログを綴りました。

このブログをご覧になられている方でもしお困りの方がありましたら、お気軽にご連絡くださいませ!!